まだ終わっていない?アメリカ大統領選。トランプ氏とバイデン氏のこれからをカバラで占ってみました!

こんにちは。

カバラ占術家・細見貴子です。


このブログではプリンセスハウス社長としてではなく

カバラ占術家としての視点で書いています。

「カバラ」とは、ユダヤ人に伝承されている「叡智」。

「宿命」を受け入れて「運命」を切り開く秘法です。



さて、既に勝負はついたかに見えるアメリカ大統領選ですが、

まだまだ終わっていないようです。

今回は、「トランプ」「バイデン」両氏のこれからの人生の波について、

カバラ的に占ってみたいと思います。


「カバラ運命数4」のトランプ氏は、現在74歳で、6月に75歳を迎えます。

運命数的には今年2021年はトランプ氏にとっては「生みの苦しみの年」だと、前回のブログでも書きました。ですが、この「生みの苦しみ」という表現は、この後には何かを成し遂げる・・というような時に使う言葉です。

トランプ氏の一生涯の「運勢の波」を見てみると、75歳(2021年6月)から上昇期に入り、77歳で絶頂期を迎えることになります。カバラ的に言えば、まさに今は夜明け前という位置にいることになります。つまり、この苦しみに耐えることが出来れば、栄光の未来が待っているということになるでしょう。


かたや「カバラ運命数11」のバイデン氏は現在78歳。

70歳の頂点を過ぎていて、次の上昇期は存命であれば85歳からですから、エネルギー的には弱く、まもなく絶頂期に向かうトランプには勝てないというのがカバラ的には出ています。

また、前回のブログでも書いたように、カバラ運命数11の人にとって2021年は「これまでやってきたことが(良くも悪くも)評価される年」です。ですので、バイデン氏の今後は彼のこれまでの行いが深く反映することになると思います。


何度も書いたように、2021年は「グレートリセット」の年。

あり得ないことが起きる年です。

そして、信じられないことが暴露されたりするでしょう。

TVや新聞などのマスコミは嘘の情報を流し続けますから、「信頼できる筋」のYouTubeやメルマガなどから「真実の情報」を得ることをお勧めします。

これからは完全に乗る電車が2つに分かれます。


決して不安になる必要はありません。

「素晴らしい時代の幕開けは近い!」と信じて、楽しい毎日を過ごしましょう!


細見貴子



*個人鑑定についてのご案内

ご自身の運命数から、人生の波(プラスの時期、マイナスの時期)を知り、今年をどう乗り越えるべきか、新しいことをやるべきか、休むべきか、住まいを変えるべきか?などを、もっとお知りになりたい方のために、細見貴子が個人鑑定を致します。

「個人鑑定のお問合せ」からお申し込みください。


今年から、「個人鑑定」(対面)については

東京と軽井沢の二か所にて行います。


1月のご案内

東京での対面鑑定可能日

1月19日までで、第一希望・第二希望をお知らせください。

軽井沢での対面鑑定可能日

1月20日~31日で第一希望・第二希望をお知らせください。


また、お電話による鑑定の場合も、第一希望・第二希望・第三希望日時をお知らせください。

事務局よりお返事を致します。


細見貴子


208回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示