• hosomi8

「私が見た未来」(たつき諒著)を深堀する!


私がみた未来完全版 たつき諒
私がみた未来完全版 たつき諒


こんにちは。

カバラ占術家・細見貴子です。


このブログではプリンセスハウス社長としてではなく

カバラ占術家としての視点で書いています。

「カバラ」とは、正統ユダヤ人に伝承されている「叡智」。

「宿命」を受け入れて「運命」を切り開く秘法です。





アメブロ「二拠点生活ワクワク日記」でも書いたように

今、漫画家・たつき諒先生が書かれた「私が見た未来」の

「完全版」(新装版)が、大ベストセラーになっています。


すでにお読みになった方も多いと思います。

多くのユーチューバーの皆様が、

解説を配信していらっしゃるのを聞きました。

面白いのは、人それぞれで捉え方がかなり違うことです。


多くの方は、「2025年7月5日に大災難(地震&津波)が起こる!」という

「日付け」の「予言」のみにフォーカスしていらっしゃるようでした。

まあ、日本政府も「いつ大地震が来てもおかしくない!」と言っていますし、

何せ、今「日本沈没」(TBSテレビ)も話題になっていますしね。


また「その大災難の後は、人々が手を取り合って、仲良く、光り輝く素晴らしい世の中=心の時代になる!」らしいと。

この部分を聞いて、

「な~んだ!大津波は来るけど、そのあとは良い時代になるのね~!」と、安堵された方も多いのではないでしょうか。


中には、

「こんな都市伝説バカバカしい。出版社の金儲け作戦だ!」という意見も。


まあ、信じるも信じないも自由ですから。


私の場合、

どのユーチューバーの方とも違う「ある部分」に目が釘付けになりました!

さらっと書かれた

「恐ろしい予言」を発見してしまったのです!


この本の中で、最重要な「1行」は

P90の7行目・・・だと私は思います。


「でも、そのとき仮に地球の人口が激減したとしても、残った人たちの心は・・・」


・・・という部分です。


つまり、この大災難は、

地球の人口が激減するくらいの大災難になりうるということ。

アジア大陸の形が変わるようだとも書かれています。


そして、

「それを乗り越えられた人たちには

心の時代の到来、つまり心と魂の進化が起こるからです。」とも書かれています。



よく考えてみてください。

日本も世界も、人間の欲の為に地球環境を破壊しまくっています。

我が物顔で、自然を汚し、

多くの動物たちや植物・生物たちを絶滅に追いやっています。

利権まみれで、格差はますます広がっているような現在、

もし、大地震&大津波が来て、

数万人程度が亡くなったとして

そのあと

「光り輝く心の時代」なんてやって来るでしょうか?


そんなに簡単に人は変われるでしょうか?

みんなが手を取り合って、生きてく世界になるでしょうか?


311の後、そうなりましたか?

なっていませんよね。。。。

相変わらず。。。どころか、もっとひどい状況になっています。


でも、

もし「この1行」が現実になったらどうでしょうか?


地球の人口が激減するほどの大災難となり

バタバタと人が死んでいく中、

「生き残れた。。。」

そう思った時に、

命に、家族に、隣人に、

日本に、地球に、

全てに感謝の気持ちでいっぱいになりませんか?


生き残ったみんなで手を取り合って、助け合って、

光り輝く世の中にしなくては!と。


人生観が変わるほどの衝撃を受けて、初めて人は変われるのです。

つまり、「心と魂の進化」が起きると。


たつき先生が書かれているP89のスケッチは、それを現わしているように感じます。



「日本は太平洋側の3分の1~4分の1くらいが津波に襲われる」と

日本地図にラインが引かれています。

太平洋側は、日本の人口密集地です。

これが現実となったら、

今、やっている「日本沈没」の関東沈没など、比べ物になりません。


「自分の最後の役目はこの本を出して警告することだ!」と書いておられます。

実は、たつき先生は20年以上前に

漫画家を引退されています。

だからこそできた「警告」なのかもしれません。

私がこのことをブログで書くのは

いたずらに恐怖を煽るためではありません。

「備蓄」など、いざという時のために準備をしている人は

ほんのわずかしかいません。



警告が当たらないように祈るしかありませんが、

「備えあれば憂いなし!」

そして、いつ何が起きても良いように

1日1日を悔いなく生きること。



この本には、たつき先生が夢で見た

「その時間」まで書かれています。


ご興味ある方はぜひ、この本を

ご自身で読まれることをお勧めします。




578回の閲覧1件のコメント

最新記事

すべて表示