top of page

マイナス運気の時にすべきこと

こんにちは。

カバラ占術家・細見貴子です。

このブログではプリンセスハウス社長としてではなく

カバラ占術家としての視点で書いています。


「カバラ」とは、正統ユダヤ人に伝承されている「叡智」。

「宿命」を受け入れて「運命」を切り開く秘法です。









誰の人生にも、公平に「運気のアップダウン」があります。

カバラでは、6年の“プラス運気”と、そのあとに

3年の“マイナス運気”が続きます。

これが、いわゆる“運命の波”なのです。


私の「カバラ」占術では、その方の生年月日から

その方個人の運命の波を読んで、

プラス運気の時は、どうすればその波に乗れるか、

また、マイナス運気の時は

どうすればその時期、マイナス運気の波に

のまれないようにするか・・・という

お話をしています。


今回は、私自身がマイナスの時期をどのようにしているかを

お話したいと思います。

実は、私は昨年の誕生日から3年間のマイナス時期に入っています。




1.自分が学びを深めたい分野のメンター(師匠)を探して会いに行く。

(素晴らしい師匠との出会いがありました!)


2.仕事の分野の学びを一層深め、資格試験に挑戦!

(昨年秋、宅建試験にチャレンジして合格しました!)


3.財布を新しくする。

(ラッキーカラーのピンクのクロコの財布を購入!)


4.自分以外の為に、時間やお金を使う。

(アニマルチャリティの活動にもより一層時間を使っています。)


5.読書の時間を増やす。

(暇があれば、“出会い”を求めて書店に行きます。)


6.部屋を綺麗にする。

(掃除をまめにしています。)


7.神棚を祀りました。←今更ですが!

(東京&軽井沢)


8.パワーストーンを部屋に配置しました。

(また、今自分に必要な力を持つものを、いつも持ち歩いています。)


9.自然のパワーをより多く注入するため、軽井沢滞在の時間を増やしました。


10.「負のオーラ満載」の人や場所には近づかない。

(この時期にはそういう人が近づいてきたりするので要注意!)


などでしょうか。


「負のオーラ満載」とは、

いつも不平不満や人の悪口を言っているような人や

テンションが下がることしか言わないような人です。

また、妬みやっかみが強い人は、たとえプラスの時期であっても

お付き合いを控えたいところです。

以前は、お会いするまでどのような人かよくわかりませんでしたが

今は、FacebookやインスタなどのSNSもありますから、よくわかりますよね。

世界は今、混沌としており、

負の領域からフェイドアウトすることは、この時期、何よりも重要なのです。

なぜなら、負のエネルギーは想像以上に強いものだからです。


マイナス運気の時にすべきことは、「魂が喜ぶことだけをやる!」

これに尽きます。


マイナスの時期こそ、

“自分をもう一度見つめ直す良い機会”ととらえて

学びを深めたり、読書をしたり、趣味を究めたり・・・という豊かな時間を持つことが大切です。

なぜなら、それが“次にやってくるプラスの時期に花開くから”です。


ものは考えよう!

私はマイナス運気の時期を、チャンスととらえて、

むしろプラス運気の時よりもワクワクしながら過ごしています。







細見貴子の「カバラ個人鑑定」では、細見貴子があなたの「運命表」を作成し、

これからの運命の流れの読み方などをお伝えしております。

ご希望の方は、「個人鑑定」からお問合せ・お申し込みください。



最新記事

すべて表示

Comments


Commenting has been turned off.
記事: Blog2_Post
bottom of page