カバラで「何」を得られるの?個人鑑定について。

こんにちは。

カバラ占術家・細見貴子です。


このブログではプリンセスハウス社長としてではなく

カバラ占術家としての視点で書いています。

「カバラ」とは、正統ユダヤ人に伝承されている「叡智」。

「宿命」を受け入れて「運命」を切り開く秘法です。



さて、今回は「個人鑑定ではどのようなことをやって頂けるのでしょうか?」というお問合せが時々ありますので、あらためてご案内をさせて頂きますね。


では、まず初回についてお話しますね。


1.まずは、ご予約を頂いた時点で、ご相談者様の生年月日から「運命数」を出します。

  ネットなどでよくある「数秘術占い」などとは違う算出方法です。


2.導き出した「運命数」から、「人生のピラミッドチャート表」を作成します。これは

 「その人が持つ運命の波」をわかりやすく表にしたものです。(もちろん、この表はお持

  ち帰り頂けます。)

3.お会いした際には、まずは、ご相談者様の「運命数」が持つ星についてのご説明を致し

  ます。いわゆる、持って生まれた「宿命」のようなものですね。


4.次に2の表をご覧頂きながら

  ・今がどのような時期なのかをお伝えいたします。

  ・今後の人生のアップダウン(運命の波)についてのご説明を致します。

  ・攻めるべき時期、お休みする(充電期間)方が良い時期などをお伝え致します。


5.そして、ご相談者様の持つ「運命数」の星にとって、今年はどんな一年になるのか、

  また、どのようにしたら運命の波に乗れるのか?をお伝え致します。


6.質疑応答のお時間では、現在の具体的な「お悩み」「迷っていること」「新しいことを

  始める時期について」などについて、カバラ的な見解と、私の経営者としての30年に

  及ぶ経験を交えてアドヴァイスさせて頂きます。

  最近多いご相談内容は、「起業の時期」「移住について」「軽井沢への二拠点生活」

 「恋愛」「転居」「離婚&再婚」などです。



2回目以降の面談については、ご相談者様の「お悩み」についての具体的なご相談が多いのですが、

・より具体的なスタート時期などについては、カバラに加えて占星術を取り入れたもの(月齢など)から、その方のパワーや運気を読み、物事を始める好機などもアドヴァイス致します。

・ご希望であれば、「家の間取り」など「家」に関するアドヴァイスも致します。


(まとめ)

誰もが、自身の運命数から、運命の波を知り行動すれば成功の確率は確実に上がります。

カバラ個人鑑定では、あなたの「運命数」を導き出し、その星が持つ「運命の波」を読み

今が「行動すべき時期」なのか、少し待つべき時期なのかをお伝え致します。


世の中は連日の自粛強制により、どんよりと過ごしている方と、「この時期だからこそチャンス!」と起業、開店、人生の再スタート(離婚&再婚)・・と、新しいことに前向きにチャレンジしていく方との二極化が起きています。同じ地球に暮らしていても、すでに「乗った電車の行き先」が違ってしまっているのです。

本来、私達の心は自由でどこへ向かうのも制限をされることはないはずです。

コロナのトンネルを抜けた時に、私達は泥沼ではなく、爽やかな風薫る光り輝く場所に立っていたいものですね。さて、あなたはどちらの電車に乗っていますか?


カバラ的には今年は「あり得ないことが起こる=破壊・再生の年」ですが、だからこそ可能性を秘めた一年であると言えます。

こんな時だからこそ、新しいこと、やりたいこと!ワクワクすること!にぜひチャレンジしてみてくださいね!私も皆様と一緒にワクワクしながら夢を叶えていく予定です♪


細見貴子





*個人鑑定についてのご案内*


ご自身の運命数から、人生の波(プラスの時期、マイナスの時期)を知り、今年をどう乗り越えるべきか、新しいことをやるべきか、休むべきか、住まいを変えるべきか?などを、もっとお知りになりたい方のために、細見貴子が個人鑑定を致します。

「個人鑑定のお問合せ」からお申し込みください。


今年から、「個人鑑定」(対面)については

東京と軽井沢の二か所にて行います。

鑑定料金は対面・電話共に 1時間 ¥20,000(税込み)です。


<2月のご案内>

東京での対面鑑定可能日

2月9~12日、16~19日 23~26日

第1希望・第2希望・第3希望をお知らせください。

軽井沢での対面鑑定可能日

2月13~15日 20~21日 27・28日

で第1希望・第2希望・第3希望をお知らせください。


また、お電話による鑑定の場合も、第1希望・第2希望・第3希望日時をお知らせください。

ラインの無料通話を利用予定です。

ラインをお使いにならない方は、お客様の方から指定の番号までお電話を頂戴することになります。

事務局よりお返事を致します。




402回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示