「バイデン氏が心配!」

こんにちは。

カバラ占術家・細見貴子です。

このブログではプリンセスハウス社長としてではなく

カバラ占術家としての視点で書いています。




「カバラ」とは、正統ユダヤ人に伝承されている「叡智」。

「宿命」を受け入れて「運命」を切り開く秘法です。




※写真は在日米国大使館様よりお借りしました。




前回、安倍元総理の暗殺事件についての考察を書いてみましたが、

その前に書こうと思っていたのは、今回の記事でした。


実は、カバラ的に「暗殺」の危険性があるのは、バイデン米大統領なのです。


もちろん、私はバイデン大統領には個人的感情はありません。

ですが、「カバラ数秘術的」には、彼が任期を全うできないと出ているのです。

2021年1月6日の「カバラブログ」で、私は下記のように書きました。


~2021年1月6日のブログより~


実はカバリスト(カバラを信じる人)の中では、西暦の最後が「0」の年に選出された大統領は「任期を全うできない!」と信じられています。


1860年選出のリンカーン大統領(任期中に暗殺)

1880年選出のガーフィールド(任期中に急死)

1900年選出のマッキンレー(任期中に急死)

1920年選出のハーディング(任期中に病死)

1940年選出のF.ルーズベルト(任期中に病死)

1960年選出のJ.Fケネディ(任期中に暗殺)

1980年選出のレーガン(任期中に暗殺未遂)→カバリストたちは暗殺を心配していたそうですが、幸運にも未遂に終わりました。

2000年選出のブッシュ(父)は任期を全うできましたが、この選挙はゴアと接戦になり、2000年には決まっていません。最終決定は2001年1月6日の合衆国議会合同会議にて大統領当選を「決定」しました。つまり、正式にブッシュが大統領に選ばれたのは2001年だったのです。

このままバイデン氏が大統領に就任した場合、「2020年選出」の大統領になります。(就任は2021年1月です。)

そして、トランプ氏がひっくり返した場合は、ブッシュの時と同じく、2021年に決まった大統領になるわけです。

バイデン氏のカバラ運命数は「11」です。

そして、彼の2021年の運勢は、「7」で、「過去にやってきたことによって、己の評価が左右される年」です。

つまり、バイデン氏が過去にどのような行いをしてきたかで、評価が決まる年なのです。


~以上引用~



今年~2024年の誕生日まではバイデン氏はプラスの運気です。

ですが、安倍氏もそうだったように、ものすごい大きな力がかかると何が起こるかわかりません。その場合、パートナーの運気も重要です。


前回のブログでお伝えしたように、昭恵夫人の運命数「7」は、今年の運気はマイナス、しかも、何をやってもうまくいかない「停滞の年」であり、「最悪、パートナーを失う危険性もあり。」というものでした。

そして、残念ながら、その通りになってしまったのです。


もちろん、バイデン夫人についても、カバラで占ってみました。

すると、なんと・・・!昭恵夫人と同じ、運命数「7」の持ち主だったのです。

つまり、ジル・バイデン大統領夫人の今年の運勢は、マイナス。しかも、

何をやってもうまくいかない「停滞」の年。そして、最悪はパートナーを失うこともある。お二人がベストパートナーであったとしても、今年のバイデン夫人には、大統領を救うパワーは無さそうです。


では、このような場合、どうすれば良いのでしょうか?

答えは、

・表舞台から姿を消す。(辞任する)

・世の為人のために、“善業の限りを尽くす”

これ以外にはないでしょう。


日本のマスコミは何故かウクライナとロシアのことばかりが報道されていますが、実は今、アメリカは内戦一歩手前のような状況になっている州もあるようです。

先日、「アメリカから避難のために日本に移住してきた」という方の話を伺って驚きました。アメリカはもう壊れかかっているのでしょうか?


これも、一言で言えば「グレートリセット」の為なのでしょう。

何度も書きますが、これはスピリチュアルでもなんでもなく、今年のダボス会議のテーマでもあり、昨今では世界中のリーダー達の合言葉でもあります。


そして、カバラ的にもそれは予言されているのです。

1月10日のブログにも書きましたが、2024年のカバラ数8の年=「天からの審判が下される年」に向かって、2022年からグレートリセットは始まっているのです。


このブログでは、恐怖を煽るのではなく、ひとつの「情報」として「カバラ的に見た世の中の流れ」をお伝えすることに意味があると思っています。

信じる、信じないは、読者の皆様の自由です。


私自身は、この先何が起ころうと、乗り越えた先には“輝ける未来”が訪れることを確信していますし、時代の移行期にこの世に生を受けたことに感謝の気持ちでいっぱいです。


そして、ご縁のある皆様と一緒に、軽やかに次の時代に足を踏み入れてみたいと願っています。




*細見貴子の個人鑑定をご希望の方は、「細見貴子のカバラ運命学サロン」HPの「個人鑑定」よりお問合せ・お申込み下さい。


閲覧数:533回0件のコメント

最新記事

すべて表示